こんなホットペッパービューティー掲載がウケます

CMや電車の中吊り広告でもよく見かける、ホットペッパービューティーはリクルートが運営しているサロン予約サイトです。インターネットで美容院やマツエク、ネイル、マッサージなどのお店の予約が簡単に取れるのでかなり多くの人が利用しています。電話しなくても、夜中でもインターネットで予約が完結できるというのが人気のポイントです。そのため、数多くのサロンがホットペッパービューティーに情報を掲載していますが、その中でもやはりよく予約されているサロンと、そこまで予約されていないサロンがあります。このような差がなぜできるのかというと、やはり掲載方法やクーポンの設定によって集客率が変わります。どのようなクーポンを設定すれば、予約を集めることができるのでしょうか。

再来店でも使えるクーポンを設定しよう

どこのサロンでも、初回の料金がお得になるクーポンは設定されていますが、人気のサロンには再来店の時でも使えるクーポンがあります。2回目、3回目に行くときも初回ほどリーズナブルなくても、正規の料金よりは安く行けるとなると、リピーターが出来やすいです。ホットペッパービューティーの初回クーポンばかりを使って、初回荒らしのようにサロンを利用している人もたくさんいますが、そのような人をリピーター化できるのでおすすめです。2回目以降がいきなりかなり高くなると、なんとなくまた他のサロンの初回クーポンで安く行こうかな、という風になってしまいます。3回目ぐらいまではまだまだそのサロンが気にいるかどうかもお客さんとしては決めにくい時期なので、再来店のクーポンを設定しましょう。

リーズナブルなヘアセットのクーポンも利用率が高い

もうひとつ、新たな客層を取り入れられるクーポンがヘアセットのクーポンです。カットやカラーはいつもやってもらっているサロンがあっても、ヘアセットは値段が高かったりすると、違うサロンに行こうかな、と新しいサロンを予約する人も多いです。そのため、お祭りのシーズンや卒業式などの時期にはリーズナブルなヘアセットのクーポンを用意しておくと、そこから新しいお客さんの予約がとれることが多いです。目安としては、場所にもよりますがヘアセットで3000円ぐらいだとちょっと他よりリーズナブルなので、掲載されているクーポンから予約する人が増えます。ヘアセットをきっかけにして、接客がよければそこから普段のカットやカラーのお客さんにつなげることもできるので、とりあえず来てもらうには有効です。